活花でも造花でもない、プリザーブドフラワー。 誕生日や結婚記念などのお祝いにもぴったりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスプレゼントにプリザーブドフラワーはいかがでしょう

プリザーブドフラワーは、生花に特殊な加工を施して長期保存可能としたもので、、クリスマスプレゼントとしては、リースやフラワーバスケットのデザインで贈られることが多いようですね。非常に色が鮮やかで、しかも生花に近い質感は、ドライフラワーとは一味違います。

プリザーブドフラワーがクリスマスプレゼントとして喜ばれる大きな原因は何と言っても、水も光も与えずに1年から~5年は鮮やかな姿のままで保存できる、と言うことです。さらに香りも花粉もありませんのでアレルギーの方や、入院している友人へのプレゼントとしてもまた最適です。

プリザーブドフラワーをクリスマスプレゼントとして贈る時に、ネックになるポイントがいくつかあります。その一つは、値段がちょっと高いと言うことでしょうか。生花の3倍から、物によっては5倍位します。もう一つは、最近技術が進んでかなり増えたとはいえ、花の種類が少ないことです。

また、プリザーブドフラワーがクリスマスプレゼントに適していると言われるのは永もちすると言うだけではありません。実際の生花にはない、鮮やかな色の花や葉も大きな理由の一つと言えるでしょう。加工技術の進歩で、花の種類も少しずつですが増えてきています。これからますます需要は高まっていくことは間違いありません。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。