活花でも造花でもない、プリザーブドフラワー。 誕生日や結婚記念などのお祝いにもぴったりです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリバーブドフラワーの手入れ方法

手入れ方法
基本的には手入れは必要ありません。

ほこりがつきましたら羽はたき、筆など柔らかいもので生花を扱っているような気持ち丁寧に落としてください。
花びらがとても柔らかいのでご注意下さい。
霧吹きなどでの水分補給の必要はありません。
スポンサーサイト

プリザーブドフラワーの注意点

注意点 ○ 水を掛けないでください。 ○湿気に弱いため、湿気が多い場所に置くと、花びらが透けたようになりますのでご注意ください。 ○乾燥しすぎもだめ。エアコンなど、直接風があたらないようご注意下さい。乾燥しすぎると、花びらがひび割れることがあります。 ○ 直射日光・ほこりは痛み、色あせの原因となりますので、お気をつけください。 ○ 濃い色のプリザーブドフラワーは壁や衣服などに長時間接したままにしておくと、色移りすることがあります。   特に湿度の高いときなどは注意。

プリザーブドフラワーの特徴

プリザーブドフラワーは
水をあげる必要がなく、手間がかかりません。
色のバリエーションが豊富で、生花には存在しない色が実現できます。
保管状況にもよりますが、数ヶ月~数年にわたって美しさを保つことが可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。